無料
エロ
動画

メタボどてちんのブログ

アダルトとなっていますが写真は私が撮影したアダルト以外の写真,外交資料館から取得した資料をテキストにしたり,車内温度とかアダルト以外の記事があります。

ななみ/ないしょ
旦那のセックスだけじゃ満足できないエロ妻を、思う存分逝かせられますか?
みさき/秘密
最近、仕事が忙しくて彼氏を作る時間がないけど、セフレ君は大募集中でぇ〜す♪
彩&るな/関東
ギャルふたり組みをゲット!ふたり揃って、かなりの痴女♪ち○ぽの奪いっ!
なぁみ/東京
嫌がる渋谷系ギャルを拉致して、絶対服従の5P輪姦中出しファック〜。
優子/東京
ローターで潮吹いたり、バイブで腰をヒクつかせたり、アンマ器でお漏らししたり!
まい/内緒
乳首がすご〜く感じやすいの!(>ω<`)ノでも一番感じるのはクリかな!
鈴香/ひみつ
Fカップの美乳ちゃん♪駐車場で、どきどきの露出にかなり興奮気味www
しほ/大阪
魅惑の30代っ!!ギャルとは違う大人の色気にメロメロにされちゃいました。


リンク



管理人お勧め動画


  カリビアンコム 提供
サンプル動画 その1
一本道 提供
サンプル動画 その2
パコパコママ 提供
サンプル動画 その3
エロックス 提供
サンプル動画 その4
プレミアム 提供
サンプル動画 その5

↓サンプル動画の提供はこちらのサイトです↓

行政協定の諸規定について


タイトル: 脅威の軟体美女180度開脚
出演者: 星野あいか
ジャンル: AV'女優
抜き度: ★★★★★
「最近、私のカラダって固くなってますよね。」と部活の顧問である先生に相談する星野あいかちゃん。「じゃあ、ちょっと見てやるよ!」ときわどいレオタードに着替えさせられ体育館の倉庫で柔軟性を先生に見てもらうことに。ウォームアップから左右開脚、前後開脚、伸脚で開脚、そして、お相撲さんも顔負けの股割りストレッチ見事な180度開脚!まるでセクシーランジェリーようなレオタードが股間、お尻に食い込み顧問の先生は完全に理性を失い野獣に変貌。柔軟な股関節を利用して信じられない体位でダイナミックストレッチ生姦!ローションまみれにされたレオタードから透ける乳首、マンコ、あいた口もふさがらない程、脅威の体位でヤられなまくる星野あいかちゃんのお宝映像は必見です!

この子の他のサンプル動画
この商品を見た人はこんな商品も見ています










行政協定の諸規定について

                三四, 一、ニニ  米保長

  第一条

一, 行政協定に謂う在る日米軍の構成員、軍属、家族の定義であって

構成員については日本に在ること及び現に服役中の二つのみを要

件としている。

  第二条

一, 施設及び区域提供に関する規定で、両政府間の合意に従い所要

の施設区域を提供することになつている。

二, 本条に関しては実質問題として左の如き懸案がある。

(イ)「設備,備品、定着物」の定義に関する解釈の不一致に基き

 発生せる約十五億円の未払電話料金の処理

(ロ) 所謂岡崎・ラスク施設の処理

(ハ) 自衛隊と在日米軍の施設共同使用手続を実情に則して改善す

 る問題

  第三条

一, 米軍の施設区域管理権に関する規定で、米軍は施設区域内にお

いてその設定,使用,運営,防衛、又は管理の権利を有すると共

に、旛設区域の近傍においてその支持,防衛及び管理のためこれ

に出入する便を図る権利を有する。

二, 本条に関しては左の如き問題あり。

 (イ) 隣接区域に関しては米軍の権利として規定せずわが方の協力
 
 義務として規定することが適当であり、又

(ロ) 隣接区域に関する補償に関し国内法上の不備あり、なお

(ハ) 通信施設の妨害排除の如き場合の規定を欠いている。

  第四条

一, 施設区域返還の場合の原状回復及び補償の相互免除の規定であ

る。

  第五条
一、 船舶、航空機の出入並びに船舶、航空機、車輌、米軍構成員等

 の施設区域出入及び施設区域間の移動の権利を規定している。

二, 本条に関しては米軍航空機の領空通過は規定万巻 (従って要許

 可事項) も,国内法で上空通過を認めているという問題がある。

   第六条

一、 航空管制に関する規定で、民間及び軍用の航空管制を集団安全

 保障の利益達成のため整合(インテグレイト) することになって

 いる。

二, 現在は総てを米軍に委任している (国内法上の根拠なし)点で

 問題になつており,本年中に予想される航空管前の移還の実情に

 則し実質問題研究の要あり。

   第七条

一, 公共事業及び公共の役務の利用に関し米軍と日本政府機関との

 均等待遇を規定している。

   第八条

一,気象業務提供に関する規定である。

二,実際に斯る規定の要ありや否や検討の要あり。

  第九条

 米軍の構成員、軍属、家族の出入国に関する規定であって、(イ)

構成員は旅券査証法令適用から除外されるが出入国に当って身分

証明書及び命令書を携行し、(ロ)又軍属及び家族は適当な文書 (通

常は旅券) を携行することになっている。

  第十条

一, 自動車運転免許誠及び自動車番号標に関する規定である。

  第十一条

 米軍,構成員,軍属,家族の関税免除に関する規定であって、

(イ) 免税対象は(1)米軍が公用のため輸入するもの、(2)米軍が構成

 員等の使用のため輸入するもの、(3)構成員等の引越荷物及び私

 用自動車、(4)軍事郵便局を通ずる構成員等の私用品、である。

(ロ) 命令により出入する米軍部隊又は構成員は税関検査を受けな

 い。

  第十二条

一, 米軍の資材、需品、役務、労務の調達に関する規定であって、

(イ) 資材、需品、工事毎に関する契約自由の原則を明にし,(但

 し稀少物資については日本政府と調整する)

(ロ) 調達に当り,物品税、通行税,揮発油税、電気瓦斯税その他

 新に合意される課税を免除する。

(ハ)労務は日本側当局の援働を得て充足される。

 (ニ) 雇用条件、労働条件ね労働関係は日本の法冷の定める所によ

  る。

二, 本条に関しては労務について問題が多く、特に,

 (イ) 前記(ハ)について、労働者側よりは全部間接調達にせよという

  意見もあるが,関係官庁側においては右に難色あり

 (ロ) 前記(ニ)について、所謂保安解雇は日本の法令と牴触するので

  最も解決困難な問題をなしている。

   第十三条

一, 米軍及び構成員等の国内課税免除の規定であって、軍の雇用の

結来たる所得、構成員等の間の財産の移転等は課税の対象となら

ない。

  第十西条

一, 米軍との契約のみに従事する米国の会社に出入国,免税、軍票

使用等の特権を規定している。

二, 所謂十四条契約者は現在二三 (航空会社一〇、運送業七、建築

 五、牛乳業一) あり,斯る特権を認めて行く必要があるか否か問

 題である。

   第十五条

一, PX等を施設区域内に置くことを認め、その特権等を規定して

いる。

二, 本条に関しては、PX等の労務者I関し、第十二条に述べたと

 同様の問題がある。

   第十六条

一、 米軍構成員、軍属、家族の日本の法令尊重義務を規定する。

   第十七条

一 刑事裁判管轄権に関する規定であって,管轄権が競合する場合

は、米軍は(イ)専ら米国の財産叉は米軍構成員等に対する罪及び(ロ)

公務執行中の作為不作為から生ずる罪に付第一次の権利を有し、

他の罪に付ては日本が第一次の権利を有することを骨子とする。

  第十八条

一, 民事裁判権に関する規定であって、骨子左の通り。

(イ) 公務執行中の軍構成員又は政府職員間の死傷に関する請求権

 の相互放棄

(ロ) 公務執行中の相手国の軍構成員又は政府職員が与へた軍用及

 び非軍用の国有財産に対する損害に関する請求権の相互放棄

(ハ) 公務執行中の米軍講成員又は被用者が第三者に与へた損害に

 対する請求は日本の法令に従い処理し、費用は米七割五分日二

 割五分で分担する。

(ニ) 公務執行外の米軍構成員又は被用者の不法の作為不作為による

 損害に対する請求は,日本当局が補償金を査定し、米軍は慰藉

 料を払うや否やを決める。

(ホ) 米軍構成員及び被用者は右(ハ)の場合を除き日本の民事裁判権

 に服する。

(ヘ) 米軍の調達契約に関する粉争は合同委員会の調停に付託し得

 る。

二, 本条に関し、右(イ)(ロ)に関して人のの範囲を軍構成員及び自衛隊職

員に限るべきや否や、(ロ)に就て軍用財産に限るべきや否や、の問題があり、

又(イ)に関し、例へば米軍と自衛隊が海上で共同演習を行った場合の死

 傷の如く日本外の事件に関する請求権を如何に処理すべきやの問

 題がある。
 
   第十九条

一、 米軍構成員、軍属、家族が外国為替管理に服する原則を規定し

 ている。

  第二十条

一, 米軍の軍票使用に関する規定である。

  第二十一条

一, 米軍事郵便局に関する規定である。

  第二十二条

一, 米軍が適格の米市民を予備役団体に編入し訓練する権利を認め

ている。

ニ、 この規定の要否は検討の要あり。

   第二十三条

一、 米軍及び構成員等並びにその財産の保護のための協力を規定し、

又日本政府は米軍の財産,記縁、情報等の保謹のため所要の立法を

求め及び措置をとる旨を規定する。

   第二十四条

一, 緊急事態の協議の規定で、本条約との関連において扱い方を決

める要あり。

   第二十五条

一, 経費負担に関し、日本側は施設区域提供費及び防衛分担金を負

担する旨規定している。

ニ、 防衛分担金条項を削除するととが望ましい。

    第二十六条

一, 合同委員会に関する規定である。協議解決不能の場合は政府間

の他の経路に移すこととしている。

二, 合同委員会は協議機関であるが、これを決定機関とすることの

 可否を検討の要あり。

    第二十七条、第二十八条,第二十九条

一、 本協定の発効、修正,失効等に関する規定である。






  1. 2012/10/14(日) |
  2. 安保改訂 |
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


コメント


一夏の恋…
X9ZGhaV4
今年も一人の夏…
外に出れば可愛い子がたくさんいるけれど、いつも一人じゃあまりに寂しすぎてもう耐えられないよおウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
こことかどうなんだろ・・・俺にも希望あるのかな・・・
ttp://6le18DGK.i357.sandies.mobi/6le18DGK/
  1. 2012/10/19(金) 13:40:33 |
  2. URL |
  3. まんた #slvx3DA6
  4. [ 編集 ]

トラックバック


  
close